プロに依頼する理由

屋根を修理

雨漏り修理にかかる費用は、応急処置的な簡易な修理で済ませるか、本格的に修理するかで大きく違ってきます。小規模な雨漏りならば、しばらくは応急処置的な修理で様子を見るというのも手です。この場合の費用は、一万円から五万円程度が平均的だといえます。この価格帯ならば、それ程抵抗なく雨漏り修理を依頼できるはずです。応急処置的な修理では済まないとなると、大規模な修理が必要となります。まずは雨漏りの原因を突き止める作業から入らなければならないケースも多く、この点検にも費用がかかります。もし屋根の修理が必要ということになれば、数十万円から数百万円は考えなければなりません。高価な作業となりますので、事前に業者とよく相談して決める必要があります。

雨漏りは隙間から発生することがほとんどです。屋根や壁にひび割れている箇所があったり、瓦と瓦の間隔が必要以上に開いていたりする場合には、そこが雨漏りの原因となっている可能性が高いといえます。こうした隙間を埋めることで、雨漏り修理が可能となります。隙間の埋めるのには主にシリコン材が使われます。シリコン材はホームセンターなどで市販されているので、簡易な補修ならば自分で行うこともできます。容易に手が届く場所ならば、自分で修理するのもよいでしょう。しかし、雨漏りは屋根など高所から発生しているケースが多く、作業には危険が伴います。修理の仕上がりの確実さなどを考慮しても、やはり雨漏り修理はプロに任せるのが賢明です。